1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
24.頓所好勝

                                                          ◆ 人力飛行機設計図発見

  人力飛行機設計図  出典 頓所好勝

資料の中で白紙のように見える一枚の半紙をスキャナーでスキャンして何回もコントラスト調整をしていたらうっすらと姿を見せた「驚くべき図面」です。出てきたのはなんと頓所式1型の発展機らしい人力飛行機への発案機の側面図です。足でペタルを漕いでプロペラを回す構造です。この図面で読めるのは水平尾翼は「V型」に違いありません。頓所好勝の恐るべし先見の構想です。
作図として使用される専用紙をご覧ください、「立川飛行機株式会社」の専用紙です。彼は1型開発の功績でいち時期この立川飛行機に就職しています。その頃の考案でしょう,V尾翼、新しい主翼断面などが伺えます。
作成日付は昭和13年(1938年)9月29日です。
後記
この機体図面を読んで思ったことがあります。
現代に通じる機体構造です。まず推進機をパイロンで上部へ移動し、重量を考慮されたフロントドライブ採用です。若干機体が短いのですが、左右安定は主翼の構造でカバーされたのでしょうか。翼根のコードで見る限りスパンはロングタイプであったように感じます。

更新 2011年2月13日             出典 滑空史保存協会
◆日本国は頓所好勝に対し昭和62年4月、内閣総理大臣中曽根康弘より叙勲
[勲六等単光旭日章」を授与す。

◆財団法人日本航空協会は頓所好勝に航空奨励として
昭和62年9月「ポールテイサンヂエ賞」授与。 

頓所好勝の学習机です。逝去のち長くそのままで保存されていました。国子奥様はこの部屋で休まれるそうで「自分がそばにいないと何もできない主人でしたから」と。亡きあともこの部屋で休むことで夫婦のきずなを作っておられたのでしょう。パソコンの本がたくさんありました。
◆同じ学習机の背に作られた書庫たなです。


頓所式1型滑空機検査書類(副)

更新2012年10月28日

◆7 写真1 頓所好勝自宅玄関横のガレージスペースです。
撮影月日は解りませんが鶏頭の赤い花が夏
を教えてくれますね。

写真2  国子奥様と必ず御一緒に写られます。後ろが
積水ハイムの平屋工房でした。

写真3  愛車の上にはマイウイングの模型が乗っていま
す、運転席は頓所好勝。 

写真4 模型試験飛行の時でしょう、主翼にはエレポンが
でています。

写真5 丁寧な調整、独特のベレーがきまっています。

写真6 手投げのテークオフ。

写真7 機体はラジコン使用です。発砲樹脂ですね。

写真8、 わずかな斜面上昇風を捉え稜から離れます。 

写真9 かなり早めの旋回に入っています。当然でしょ 
                   う、真下には住居が、、。先生は怖いもの知らず
                   だ。

写真10、無事旋回も終わっているようです。きれいなノー 
ズの方向が見えます。

写真11接地寸前

写真12上手く蔦の中におろされました。

更新2012年11月11日  
◆7   頓所アルバム「マイウイング完成」より抜粋


 写真1 運搬専用のルーフキャリーボックス

写真2 車の屋根に固定されるがここでは庭でデモンストレーシュン

写真3 内壁の各固定装置を解除する

写真4 片翼づつ引き出す

写真5 すべて引き出すとこのように中は空っぽ

写真6 マイウング専用スタンドを組み立てるの1

写真7 その2

写真8 主翼断面の接合部

写真9 主翼ノーズの固定

写真10主翼後縁を点検する頓所好勝

更新2012年11月25日

写真11 いざ、大田川河川敷へ出発。

写真12、 ルーフキャリアのストッパーを解除します。

写真13 収納テントを一気におろします。

写真14、 組み立て開始です。

写真15、 両翼がジョイントできました。笑顔の国子奥様がいます。

写真16 なんとすばらしいアングルでしょうか。

写真17 航空士とはこのようないでたちをさすのでしょうね。

写真18、 この笑みは、この口元には長い苦労が一気に表現されています。

写真19 ノーズ担当者と最終チェック。

写真20      -あえてコメントしませんー

更新12月09日

写真21、  試験飛行地点へ移動です。

写真22、  なかなか考えられた出発方式です。平地からのハングのテスト。

写真23、  頓さんが何かを待っています。

写真24、  その何が近ずきます

写真25、  頓さんの体に何かが結束されます。

写真26、  補助員退避。

写真27、  さあ、テーィクオフ・・・・・

写真28、  走る・・・・・

写真29、  走る・・・・ひたすらに・・・・走る

写真30、  バンジーゴムの力を借りた助走で揚力の感触がとれた。

写真31、  頓所好勝はダンデイーである。



◆8 ゲッチンゲン研究ノート

ゲッチンゲン研究ノート抜粋 上

     〃           中

     〃           下  


ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日